お勧め家電~ロボット掃除機~

こんにちは、Nekodocです。

今回はお勧め家電のご紹介。買いたいけど高くて敬遠してしまう家電代表、「ロボット掃除機」です。
子育て世代特有のメリット・デメリット、実は経済的、と考える理由などもお話ししていきます。

Nekodoc家のロボット掃除機

我が家で使用しているロボット掃除機は「ルンバi7+」です。
以前はもっと安い別の機種を使用していたのですが、子供が生まれて引っ越し、広くなったことで対応できなくなったため買い換えました。
一言でルンバといっても、タイプが色々あるので、迷われると思います。比較サイトなどもありますが、実際に使わないとよくわからないことも多いです。
我が家は実際に試せる「Rentio」という会社を見つけてそちらで試して購入しました。

メリット

時短

時短。最大のメリットはこの一言に尽きます。
スイッチを押して家を出れば、帰ってきたころには掃除が終わっています。
洗濯物を畳んだり、風呂掃除していると掃除をしてくれます。

Nekodoc
Nekodoc

はっきり言ってめちゃ楽です

また、「i7+」など「+」のつくものは、「クリーンベース」が付属していて、掃除が終わると「クリーンベース」に戻って充電&吸ったごみを専用のダストボックスに吸い上げてくれます。毎回のごみ捨ては不要で、時折ダストボックスを洗浄するくらいです。毎回捨てるのもなかなか面倒なので、「+」付きのものがおすすめです。

子供が協力的に

最初は怖がってましたが、徐々に慣れてきました。
ルンバが動かすのが結構好きみたいで

Nekodoc
Nekodoc

ルンバ動かすよ~


というと、割と積極的に片づけをしてくれます。
最初は片付けしてくれなくても、親が掃除機をかけるのではなく、意思なく勝手に動いて迫ってくるので、近くなってきて「急いで片付けないと吸われちゃう!」とか言うと楽しく一緒に片づけてくれます。
いつまでこの手が通じるか…(;^ω^)

経済的

掃除機をかける手間暇を時給換算すると、すぐに元は取れるんじゃないかなと思います。後で計算してみます。

デメリット

高価

とは言え、やっぱり高いです。ルンバは一番安いモデルで約4万円~。一般的な掃除機であれば数台買えます。
特に子育て世代だとそれなりの広さもあるはずなので、i3+以上がおすすめです。そうなると約8万円~。
高いですね。

Nekodoc
Nekodoc

うちもなかなか踏み切れませんでした…

下準備が必要

ルンバさんにしっかり働いてもらうにはいろいろ下準備が要ります。椅子を浮かせたり動かしたり、床のものを上にあげたり、コードをまとめたりおもちゃ類を片づけたり…そこが結構面倒ではあります。でもこまめに片付けることになるので「散らかっていてイライラ」は軽減します。

物の紛失や破損

うっかり片付け忘れがあると、いろいろ吸われます(^^;)
よく吸われるのはおままごと用のコインやティッシュ。詰まって途中で掃除がストップすることもあるので注意が必要です。

Nekodoc
Nekodoc

子供が書いてくれた絵やお手紙が吸われたときは大ショックでした…

完ぺきではない

ルンバだけでは完結しません。80点くらいです。壁際や隅、襖のレール?など小さい段差があるところには吸い残しが結構あります。ので、週に1回はその辺は掃除機で吸ってます。潔癖症の人には向きません

Nekodoc
Nekodoc

掃除機をかける回数を激減してくれる、といったところでしょうか。

本当に高い?

メリットのところで少し触れましたが、ちょっと時給などを元に計算してみます。

2018年の政府の報告書によると家事の時給は1450円らしいです。(内閣府経済社会総合研究所 国民経済計算部 地域・特定勘定課「無償労働の貨幣評価」(平成30年12月))。
30分かけて毎日掃除機をかけたとしたら、その労働対価は1日当たり725円。1年で264,625円。
2日に1回でも1年で約13万円。

Nekodoc
Nekodoc

1年あれば余裕で元が取れる!!


ちなみに、日本の最低賃金の平均が930円です。その場合、上記計算では1年で169,725円。どちらで計算しても、1~2年あれば十分元が取れます

まとめ

ロボット掃除機、というかルンバについて子育てしている目線からメリット、デメリットなどお話ししました。
結論としては、

Nekodoc
Nekodoc

子育て世代は全員ぜひ買ってほしい

と思うくらいお勧めです。楽できるところは楽していきましょう。もちろん、合わない人もいると思うので、まずはレンタルしてみてはいかがでしょうか。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA