FIRE目指します

こんにちは、Nekodocです。

Nekodoc
Nekodoc

FIRE目指します!!

ということで、今回は最近話題のFIREについてです。

FIREとは

そもそもFIREとは、Financial Independence Retire Earlyの頭文字をとった造語です。
日本語でいうと「経済的に自立して早期退職しよう」ということです。
この場合の「経済的自立」とは、「株などの配当や不動産などの資産所得>生活費」となり、働かなくても生活できる状態を指します。

Nekodoc
Nekodoc

まさに夢の生活ですね(^ω^)


考え方の発症は金融大国アメリカで、「Your Money or Your Life(お金か人生か)」という本がその先駆けといわれています。最近、この本の日本語訳も出てますし、関連書籍も続々と発売されてます。少しでも興味のある方は一度読んでみると、考え方が劇的に変わるかもしれませんのでお勧めです。

主な種類

一口にFIREといっても色々なタイプがあります。
よく言われるのは①Fat FIRE ②バリスタFIRE ③サイドFIRE ④ Lean FIREの4種類です。
基本的には資産所得の範囲内であれば好きなだけ使って良いのですが、目安としては、総資産の4%以内で生活していくことが一般的のようです。

① Fat FIRE

もっともグレードの高いFIREの形態です。日常生活だけでなく、遊行費も含めて資産所得から得るタイプになります。資産の4%以内で生活と考えると、独身の場合でも5000万~(4%=200万)家族持ちであれば1億~(4%=400万)は多くの場合必要となります。

Nekodoc
Nekodoc

憧れますが、ハードル高めですね。

② バリスタFIRE

「バリスタ」とはコーヒーを淹れる人のことですね。これもアメリカ発祥の考え方・働き方です。主に健康保険等の保障を受けるために最低限雇用(代表的にスタバのバイトなどがあるため、バリスタFIREと呼ばれるようです)されて働き、「資産所得+少しの労働所得」で生活する。労働所得のみの時より働く時間は激減し、保証も得られ、必要な資産も激減する、といったメリットがあります。
日本では国民皆保険なので、保証のメリットはアメリカほどはなさそうですが、Fat FIREほどの資産は必要なく、「資産所得+少しの労働所得」で生活していくという考え方は参考になります。

③ サイドFIRE

「サイド」は副業(side business)の「サイド」です。(だったはず…確か…)
この場合、「副業」とは主に「好きな仕事」を指します。自営業で好きな仕事を楽しく好きなだけして、その収入+資産所得で暮らしていくスタイルです。が、「バリスタFIRE」とほとんど同じ意味で使われることも多いみたいです。「少しの労働収入+資産所得」で暮らしていくという点は同じかもしれませんが、厳密には若干別物です。

Nekodoc
Nekodoc

「今の仕事が好きで好きで仕方ない!」という人はある意味サイドFIREしてるとも言えますね

④ Lean FIRE

「lean」は「引き締まった」「無駄のない」という意味です。
その名の通り、無駄な支出を一切省いたFIREのタイプです。
なるべくお金を使わず、仙人のような生活を送り、極力働く時間をなくして自由に生きる、というスタイルです。

Nekodoc
Nekodoc

楽しい人は良いけれど、合う人はかなり限られそうです。

おすすめFIREタイプ

Nekodoc
Nekodoc

断然②バリスタFIREまたは③サイドFIREです。

理由としては
・安定している
・社会とのつながりが保てる
・暇になりすぎない
等々いろいろありますが、最大のメリットは、達成までの時間が圧倒的に短くなるからです。
正直、②バリスタFIRE③サイドFIREは完全に好み次第なので、どちらでも良いと思います。より安定を求める人は雇用される②バリスタFIRE、より自由度を求める人は自分のビジネスを持つ③サイドFIREがおすすめです。

Nekodocの目指すFIRE

Nekodoc
Nekodoc

僕が目指しているのは①Fat FIRE寄りの②バリスタFIRE+③サイドFIREです。

はい、意味不明ですね。ちょっと説明しますので興味のある方はお付き合いください。
まず、資産の目標は基本株式で7000万~8000万円(4%=280万~320万)です。これでだいぶFat FIREに近くなりますが、家族持ちなのでFat FIREは無理です。
そこで、本業で数百万円で稼げれば、まず生活費は事足りるようになります。
さらに、好きなことでスモールビジネスを持って、マイクロ法人を活用し、社会保険料などを最適化します。
すると、かなり税金や社会保険料などのコストを抑えられるはず…です。ちょっとまだ勉強不足なので、FIRE達成までにはこの社会保険や税金関連についてもう少し勉強が必要です(;^ω^)

このような組み合わせなら、ここまで資産を作らなくても、サイドFIREはできます。
それでも絶対にそこまでは貯めます。その理由は、医師が過剰になる、とか医師の収入は下がる可能性が高いから、とか今後株式が右肩上がりとは限らないから、等いろいろあるのですが、一番は

Nekodoc
Nekodoc

極度のビビりだから(/ω\)

正直、ビビりなので仮に貯まっても仕事減らせるか分かりません(笑)
それに、途中で考えも変わるかもしれません。
何か「これにお金を使いたい!」と思うことを見つけても、FIRE優先でケチって後悔、はしたくありません。
節約しすぎてきつすぎると楽しくないし、続きません。
無理せず楽しみながら達成できたらな、と思ってます。

まとめ

最近話題のFIREについて紹介してきました。
「若いうちの100万円と年を取ってからの100万円の価値は全然違う」というのはよく言われますし、理解しているつもりです。でも、将来何があるかはわかりません。その不安をなくしておくことは人生を豊かにするためには絶対にプラスになると信じています。ですので、FIREを目指しています。

少しでも気になった方はまず1冊でも関連書籍を読んでみてください、きっと得られるものはあるはずです!

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA